トップページ > 事業報告 > 岡崎歌声喫茶・クラブ

高齢者交流事業

岡崎歌声喫茶

平成23年度
開催日時:
平成23年6月〜平成24年3月
月1度 第4金曜日 14時半〜16時半
開催場所: 岡崎いきセン分室
参加人数: 延べ200名

事業内容

・講師指導のもと、懐かしい歌をうたう。
・健康を意識して発声練習や体操なども織り交ぜる。
・参加者交流のためのお茶タイムを設定し自由な交流を促す。

事業のきっかけや目的

当法人の強みを生かした企画。歌声喫茶は現在もなお各地で開催されており、大変な盛り上がりをみせている。歌をうたうことは、純粋に歌を楽しむだけではなく、心肺機能の維持向上にもよい影響を及ぼす。特に、高齢期に入ると心肺機能の衰えから肺炎を起こすなど、さまざまな病気のきっかけとなることがある。歌を通して、生き生きと楽しみながら、健康にも寄与し、更に参加者同士の交流を図ることを目的としている。

独自性

地域の民生委員との連携を図り、地域の独居高齢者や引きこもりがちな高齢者に呼びかけをしていただいている。単なる歌声喫茶の企画ではなく、地域の中の社会資源となるような場所を創出している。

ページトップへ戻る

岡崎歌声喫茶

平成24年度
開催日時:
平成24年4月〜平成25年3月
月1度 第4金曜日 14時半〜16時半
開催場所: 岡崎いきセン分室
参加人数: 延べ158名

事業内容

地域の中高年を対象に、参加者によるリクエストを中心に、唱歌や歌謡曲・童謡などの斉唱を楽しんでもらう。月1回の開催とし、指導者と伴奏者を配置することで、唱歌を通した健康づくりにも貢献できるような専門的なプログラムを実施する。当センター夏祭り、地域プログラムであるわいわい文化祭への出演など、目標をもった取り組みも実施する。

事業のきっかけや目的

当法人の強みを生かした企画。歌をうたうことは、純粋に歌を楽しむだけではなく、心肺機能の維持向上にもよい影響を及ぼす。健康にも寄与し、更に参加者同士の交流を図りながら、表現をする喜びを味わうことを目的としている。

総括

リクエストの楽曲について予め下調べをし、当日みなさんの前で曲の時代背景などについて発表する参加者もみられ、よりいきいきとした生活への一助になっている。参加者の中には、夏祭りやわいわい文化祭への出演などに積極的でない方もいる。その方たちのフォローについて次年度は検討が必要。
「歌声喫茶」という名前(いわゆる"歌声喫茶")と内容にズレがあることから、誤解を招きやすいため、次年度より「歌声クラブ」と名前を変更する。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 京都市岡崎いきいき市民活動センター All Rights Reserved.